会計ソフトを徹底比較!MFクラウド・freee・やよい会計

会計ソフトのMFクラウド・freee・やよい会計オンラインを徹底比較!

会計ソフト,独立,起業,確定申告

 

独立開業・起業した人が一番悩むのが確定申告。

 

その確定申告を簡略化するために独立開業・起業した個人事業主に必須のツールとなっている会計ソフト。

 

クラウド会計ソフトはたくさん存在しますが、今から会計ソフトを導入しようとする人は

 

  • MFクラウド
  • freee
  • やよい会計

 

この3択で間違いありません。

 

 

他の会計ソフトはあらゆるところでデメリットが大きいです。

 

この記事では多くの人が選んで使う会計ソフトの3巨頭である、MFクラウド・freee・やよい会計について徹底比較します。

 

クラウド会計ソフトって何なの?

 

会計ソフト,独立,起業,確定申告
クラウド会計ソフトとはインターネット上で会計処理を済ませるシステムのことです。

 

ですので事務所からでも自宅からでもインターネットの環境さえあれば、いつでもどこでも会計処理を済ますことができます。

 

忙しい個人事業主にとって非情に助かる必須アイテムです。

 

 

たった年間1万円くらいの費用で時間は数十時間短縮できますし、税理士さんに依頼するよりも大幅なコストダウンです。

 

はっきり言ってこれを使わない個人事業主は経営センスを疑います。

 

使っていない人は絶対に一度使ってみてください

 

劇的な時間の短縮が可能です!

 

 

私は以前はfreee、今はMFクラウドを使って会計処理しています。

 

クラウド会計ソフトを使えば簿記の知識がなくても会計管理、確定申告、年末調整なども簡単に作成できます。

 

また、税務署に提出する開業書類なども簡単に作成できます。

 

 

私は1度目の独立開業時、税理士さんに全て丸投げしていました。

 

当時会計ソフトが存在していたのかどうか、定かでないのですが、確定申告に結構な費用をかけていました。

 

今は確定申告にかける費用は年間1万円くらいです。

 

独立開業・起業した個人事業主はもちろん、副業しているサラリーマンの方も会計ソフトを導入して確定申告を簡単に乗り切りましょう!

 

会計ソフトのクラウド型とパッケージ(インストール)型の違いとメリットは?

 

会計ソフト,独立,起業,確定申告

>会計ソフトにはクラウド型とパッケージ(インストール)型の2種類があります。

 

場所を選ばずどこでも操作可能なクラウド型の方が個人事業主にはおすすめです。

 

 

個人事業主は自宅・事務所・店舗など、あらゆる場所で空いた時間に会計処理できるクラウド型の方が便利です。

 

また、クラウド型は随時アップデートしてくれるので、税法が変更された時などにも何もしないで済みます。

 

 

パッケージ型は税法が変われば新しいバージョンをインストールし直さなくてはいけません。

 

その度に数万円をかけて新しいバージョンを買い直さなくてはなりません。

 

一昔前、クラウド型が出てくるまではパッケージ型しかなかったので、パッケージ型だとバージョンアップに出費がかさみました。

 

 

ですので自分で会計処理するくらいなら、時間も節約できるので税理士に頼んで、という流れが個人事業主の一般的な会計処理方法でした。

 

今はクラウド型だと年間1万円の出費で済みます。

 

 

また、パッケージ型だと会計処理できる場所も限られてきます。

 

忙しい個人事業主にはクラウド型の会計ソフトの方がおすすめです。

 

そもそもパッケージ型のわかり難い部分や使いづらい箇所を改良したものがクラウド型なので、今後はクラウド型が主流になります。

 

 

年商が億を超えるような人は難しいかもしれませんが、そうでないなら、クラウド型の会計ソフトで自分で確定申告をしましょう!

 

会計ソフトの選び方!MFクラウド・freee・やよい会計オンライン

 

実際に会計ソフトを使って確定申告している私がおすすめする会計ソフトは、使う人のスキルや状況によって変わります。

 

良い選び方はこれ!

 

会計簿記3級程度の知識がある人→【MFクラウド確定申告】

 

会計簿記の知識が全くない人→【会計ソフトfreee】

 

確定申告を税理士に頼む予定がある人→【やよい会計オンライン】

 

この3点で選べば間違いありません。

 

会計ソフトの価格や特徴を徹底比較!MFクラウド・freee・やよい会計オンライン

 

MFクラウド

freee

やよい会計オンライン

MFクラウド

ベーシックプラン:¥8,800/年
ベーシックプラン:¥17,200/年
30日間無料お試し

会計freee

スターター:¥9,800/年
スタンダード:19,800/年
30日間無料お試し

 

やよい会計オンライン

セルフプラン:¥8,640/年
ベーシックプラン:¥12,960/年
初年度無料キャンペーン中
(2018/3末まで)

 

それぞれの価格は上記表のようになっております。

 

価格はプランによっても違います。

 

自分にあったプランを選択してください。

 

価格だけで選ぶならやよい会計オンラインですが、色んな特徴がありますので、会計ソフトごとに詳しくご紹介します。

 

MFクラウド

 

私が使っている会計ソフトです。

 

運営元はマネーフォワード。

 

フリープランだと永年0円ですが、月の仕訳数が15個までなので家計簿でも厳しいです。

 

普通に事業をしている方はベーシックプランになるでしょう。

 

会計ソフト,独立,起業,確定申告

操作自体は簡単、シンプルです。

 

仕訳もサクサクできます。

 

仕訳予測機能が搭載されているので、一度使った仕訳を覚えてくれていて自動仕分してくれます。

 

複式簿記スタイルでも入力が可能

 

また、複式簿記スタイルで帳簿づけが可能なので、簿記の知識や経験がある人にとっては使いやすいソフトです。

 

開業当初はfreeeを使っていたのですが、正直、freeeは簿記の知識がある人にとっては逆に使い難いんです。

 

freeeには複式簿記スタイルがないので借方・貸方の概念すらありません。

 

 

MFクラウドは税理士さんにも使われています。

 

MFクラウドは税理士向け、freeeは個人事業主向け、のような感じです。

 

私は税理士ではありませんが、MFクラウドの方が使いやすかったですね。

 

金融機関との取引履歴を自動取得

 

銀行やクレジットカードの情報を自動取得してくれるので、仕訳忘れの心配がないです。

 

これは非常に助かります。

 

いちいちレシートと照らし合わせて、みたいなことをしないで済みます。

 

事業用のクレジットカードを持って入れば仕訳なんて楽勝で終わります。

 

対応金融機関は2,000以上あるのでほぼ全ての金融機関で対応可能です。

 

私が取引している地方の信用金庫でも大丈夫でした。

 

MFクラウドを使えば確定申告が一瞬で終わる

 

私はクラウド型の会計ソフトを使いだしてから確定申告はものの数分で終わるようになりました。

 

売上入力と仕訳さえ入力しておけば、確定申告の書類作成自体はボタン一つでできます。

 

まだ使っていない人は一度使ってみてください。

 

本当に便利ですよ。

 

 

年間契約の方がお得ですが、月払いも可能です。

 

確定申告以外にも請求書作成・経費精算・給与計算・マイナンバー管理などのシステムも別ソフトで提供されています。

 

それぞれがかなり専門的に作られているので、ありがたいです。

 

MFクラウドの詳しい説明や料金体系はこちらの公式サイトからご確認ください。

 

 

freee(フリー)

 

freeeはfreee株式会社が提供するクラウド型会計ソフトです。

 

こちらは、とことんまで会計簿記の知識がない人にこだわったソフトです。

 

私が勉強した借方・貸方って何だったの?というくらいに簿記の専門用語は必要ありません。

 

仕訳をする際の勘定科目にも簡単な説明書きが入っていて、知識がない人にとっては至れり尽くせりのソフトでしょう。

 

よく使う取引はテンプレート保存ができて、すぐに呼び出せます。

 

こちらも金融機関との取引を自動取得できます。

 

対応金融機関がMFクラウドと比べて若干少ないので、自分が取引している金融機関が使えるのかは一度無料登録して確認しましょう。

 

スマホアプリで仕訳から確定申告書の作成まで可能

 

会計ソフト,独立,起業,確定申告

freeeの一番の特徴はスマホアプリで仕訳から確定申告書の作成までが完結できます。

 

他のソフトでもスマホやタブレットには対応しているのですが、全てはできません。

 

freeeならスマホだけで確定申告書が作成できるので、パソコンを持っていない人でも大丈夫なんです。

 

こういったところが素人目線で作られた安心のソフトと言われる所以でしょう。

 

こちらも年間契約の方がお得ですが、月払いも可能です。

 

MFクラウドを選ぶのかfreeeを選ぶのかは好みでしかない

 

MFクラウドとfreeeは甲乙つけがたい優秀なソフトです。

 

価格もほぼ同じですので、どちらが良いのかはそれぞれの特性に合う合わないで判断するべきです。

 

一度無料でお試ししてみて、自分に合ったものを選んでください。

 

 

freeeは確定申告以外にも人事労務・マイナンバー管理・会社設立・開業など、事業運営に欠かせない要素が全て揃います。

 

freeeの詳しい料金体系やサービスはこちらの公式サイトでご確認ください。

 

 

やよい会計オンライン

 

やよい会計オンラインはやよい株式会社が提供するクラウド型の会計ソフトで、やよいシリーズの1つです。

 

もともとパッケージ型で断トツのシェアを誇っていた、やよい会計のクラウド型バージョンです。

 

クラウド型でも多くのシェアを誇っていますが、これはもともとパッケージ型のやよい会計を利用していた税理士や法人・個人が多いため、そのまま使い慣れているやよい会計で、という流れからくるものです。

 

 

特に税理士業界は旧態依然とした体質があるので、なかなか自分が使っているソフトを変えようとしませんので・・・

 

特に年配の税理士さんはやよい会計でしか対応しない、といった人もいます。

 

私も一度言われましたからね。

 

正直に言うと、操作性も専門知識の必要性もMFクラウド、freeeと比べると格段に劣ります。

 

本当に税理士向け、経理部向けのソフトだな、といった感じです。

 

これからクラウド型の会計ソフトを使ってみようという人にはMFクラウドかfreeeがおすすめです。

 

やよい会計オンラインの価格の安さは魅力的

 

素人には使いにくいですが、初年度無料で年額8,640円のプランは魅力的ではあります。

 

しかし、年額8,640円のプランにはメールやチャットのサポートがありませんので、ご注意を。

 

いままでパッケージ型やよい会計を利用していて使い慣れている人、利用している税理士さんが頑固でやよい会計しか使わない、という人には価格が安いので良いでしょう。

 

やよい会計オンラインの詳しい料金体系はこちらの公式サイトでご確認ください。

 

 

独立開業・起業したら確定申告は簡単に済ませることが大切

 

独立開業・起業した個人事業主が最初にぶつかるのが確定申告という壁です。

 

最初、慣れないうちは戸惑います。

 

確定申告は個人事業主の決算なので、大切なことなのですが、本業ありきです。

 

会計ソフト,独立,起業,確定申告

多くの時間を確定申告に取られてしまうと、本業にも影響が出ます。

 

可能な限り短縮するためにクラウド型の会計ソフトを利用しましょう。

 

これだけで何十時間も短縮できます。

 

税理士に確定申告をお願いしている人は経費が10分の1程度で済みます。

 

使わない手はありません。

 

 

会計ソフトを選ぶ基準は最初にあげた通り、

 

会計簿記3級程度の知識がある人→【MFクラウド確定申告】

 

会計簿記の知識が全くない人→【会計ソフトfreee】

 

確定申告を税理士に頼む予定がある人→【やよい会計オンライン】

 

です。

 

私の実体験から間違いありません。

 

ひと月程度ならなんてことはありませんが、会計ソフトを半年経ってから変えるというのは非常に労力がかかります。

 

自分に合った会計ソフトを選んで確定申告を乗り切りましょう。

 

このサイトは独立開業・起業する人を応援します!

 

この記事が気に入っていただけましたら以下のボタンをクリックお願いします(__)


 このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク

関連ページ

独立開業・起業に必須!PC初心者のホームページ作成
独立開業・起業すると店舗ホームページは必須です。今の時代は認知動機がチラシやCMであれ、購入行動に移す前に、まずはホームページで確認してから購入します。しかしPC初心者にとってホームページ作成はかなり難易度の高いものです。ここではPC初心者が簡単にホームページを作成する方法を紹介します。
副業に役立つサイト・教材ランキング
副業から独立開業・起業を考えている人はインターネットビジネスがリスクも少なく、始めやすいです。実際に稼ぐとなると本業・副業に関わらず努力が必要ですが、副業で始めるために便利なサイトや商材をランキングにして紹介します。

TOP はじめに 独立・起業におすすめ厳選ツール 記事一覧