プロフィール

自己紹介

独立開業,起業,実体験,マインドセット,自己啓発

 

はじめまして

 

■自己紹介

 

名前:kigyou777

 

年齢:40歳以上

 

職業:個人事業主

 

住所:関西圏

 

家族:妻と子供2人

 

趣味:飲酒

 

 

■経歴

 

・大学卒業後、外食産業の企業に就職、3年弱で退社

 

・独立開業してパソコン教室を開業、3年で廃業

 

・東証1部上場企業の子会社に再就職、15年で退社

 

・2度目の独立開業

 

・ある程度のお金と時間を得ることができ、現在に至る

 

 

名前についてはペンネームにしておきます。本名にしようか迷ったのですが、ネット上には理解できない行動をとる人も存在するので・・・

 

kigyou777の「777」については深い意味はありません。

 

ドメインを取得するときに「kigyou」で取得できなかったので「777」をつけただけです。

 

パチンコ好きなわけでもありません(笑)

 

メールなどで仲良くなれば気軽に飲みにいったりする気さくなおじさんです。

 

 

私は過去2回就職し、個人事業主として独立開業しました。

 

1度廃業しているので珍しいパターンだと思います。

 

私がなぜ2回も独立開業をしたのか?

 

  1. 独立・起業の楽しさを知ったから
  2. 企業の終身雇用制度に疑問を抱いていたから

 

1つ目の独立・起業の楽しさは自分の能力と努力に応じて収入と時間を得ることができる点。

 

これはサラリーマン時代には得ることができなかったものです。

 

しかし今はある程度(本当にある程度です(笑))稼ぐことができていますが、ある程度のところまで到達するのにかなりしんどい思いもしました。

 

私は学歴も職歴も自慢できるようなものではなく、他人と比べて特別何か優れている能力あるわけでもありません。

 

それでも独立開業して生きていけています。

 

私ぐらいの個人事業主になるのはそんなに難しいことではありません。

 

このブログサイトでは私が独立開業して役に立った手段や考え方、ツールなどを紹介していますので、今後独立開業していく方、独立開業してうまくいっていない方の参考になれば幸いです。

 

2つ目の企業の終身雇用制度について、このブログサイトを作った主な動機になりますので、少し長くなりますが説明します。

 

私は2度サラリーマンとして企業に勤めました。

 

3流大学卒ですので大企業で雇用してもらえるわけでもなく、どちらも中小企業に就職しました。

 

1度目に退職した理由は「このままでは社畜にしかなれない」と思っての退職でした。

 

身体と精神が持たないな、と思っての退職でした。今考えるとかなりのブラック企業でしたので。

 

今考えると、です。その時は気付いていませんでした(笑)

 

その時の経験はこの記事でも少し紹介しています。

 

2度目の退職理由は「この先20年が長すぎる」と感じての退職でした。

 

当時の私は「この会社ではおそらくこれ以上の出世はないな」というポジションにいました。

 

目標なく、残り20年以上会社勤めすることに耐えられそうにないから退職しました。

 

終身雇用制度

 

独立開業,起業,実体験,マインドセット,自己啓発

大卒の人がサラリーマンとして雇われて40年以上同じ会社で働く、日本ではこれが当然と考えられています。

 

しかし、昨今の終身雇用制度の崩壊と言われる状況をみても、これって異常なことなんじゃない?と私は考えています。

 

欧米では終身雇用なんて概念はなく、転職は普通のこと。

 

しかし日本では転職となるとかなりハードルが高くなる。

 

新卒の就職を逃した段階で、もはや人生の落伍者。

 

実際に中途採用の就職活動はかなり厳しいものになりますし、それに応じて周囲の目も厳しくなる。

 

これは日本の社会にとって良いことなのか、とずっと疑問に思っていました。

 

終身雇用制度なんて企業からすればメリットが少ない。

 

若い血を入れなければ企業は発展しません。

 

企業が発展しなければ経済は停滞し、雇用は悪化する。

 

不景気まっしぐらです。

 

 

今の企業はバブル期に大量採用した世代が上のほうで逆フン詰まり状態。

 

企業からすればお荷物的な人も存在していますが、安易に辞めさせることはできない日本の労働基準法。

 

企業は早期退職制度でお金を払って何とか自発的に辞めてもらうしかない。

 

じゃ、辞めた人はどうするの?50歳で退職してからの人生どうするの?

 

このような日本の状況って幸福な社会なんですかね?

 

そもそも終身雇用をうたって採用したのが悪かったわけで、時代が変化して状況が変わったら対応できない。

 

こんなことなら最初から終身雇用制度なんてない方がましじゃね?と思いませんか?

 

40歳定年制

 

独立開業,起業,実体験,マインドセット,自己啓発

私は40歳定年制に賛同します。

 

40歳定年制にすればみんな40歳からの仕事を考えたうえで生きていく。

 

会社に残りたい人は残れば良い、転職する人は転職するためのスキルと経験を、独立・起業する人は自分で商売する知識を40歳までに磨く。

 

準備ができますよね?今、早期退職を促される人は準備してない人がほとんどでしょ。

 

だって終身雇用だと思って就職しているんですから。だから会社にしがみつくことしか考えられない。

 

会社から捨てられればお先真っ暗です。

 

40歳で定年とわかっていればみんな努力して準備する。

 

努力や準備してない人は転職するしかない。必然的に人出不足の職種に転職するしかなくなる。

 

そうすれば人気のない職種も人員不足に悩まなくて済む。

 

企業も会社にしがみつくだけの人を辞めさせれて、新しく若いやる気にあふれた人材を多く採用できる。

 

40歳定年制にすれば日本経済が活性化してみんなが潤うと思うのです。

 

辛いなら会社なんて辞めてしまえ!

 

私はバブルが終わった就職氷河期に就職した世代です。

 

会社勤めはしましたが、上が多くて下は少ないという一番悲惨な位置。

 

このまま会社勤めしても出世はしないし、何か良いことあるの?って感じでした。

 

会社の定年が65歳に変更となった時、絶望しかなかったですからね。

 

あと5年も伸びるの?みたいな(笑)

 

 

独立開業,起業,実体験,マインドセット,自己啓発

最近はパワハラ問題や過労死問題で企業の体質も問題化されていますが、はっきり言って報道されているのは氷山の一角。

 

パワハラ自殺や過労死などの報道を見て本当に悲しくなります。

 

生きるために働くのであって、働くために生きるのではない。

 

辛いなら会社なんてやめてしまえば良い。

 

私は真剣にそう思っています。

 

会社なんて生きていくうえでのツールの1つに過ぎない。

 

生きてくうえで必要なければ変えれば良いんです。

 

会社に依存して生きる人生は怖いです。

 

リスクがなさそうでリスク大です。

 

 

脱サラして独立開業したり起業したりする人が増えていけば、経済は活性化して雇用も増える。

 

そういった自由に転職・独立・起業できる社会になってほしいという想いのもと、このブログサイトを立ち上げました。

 

一昔前の、テレビCMや雑誌に大きな広告宣伝費をかけなくてはお金を稼ぐのが難しかった時代とは違い、今はインターネットの発達で個人でも全世界の人を相手にビジネスが可能です。

 

個人のスモールビジネスでも大企業に勝てる可能性があるのです。

 

独立開業・起業するにはうってつけの時代なのです。

 

とはいえ、実際にサラリーマンしかしてこなかった人が独立開業して稼げるかというと不安があるでしょう。

 

稼ぐには準備と努力と知識が必要です。

 

このブログサイトにて私の経験で伝えられることはどんどん伝えていきます。

 

独立・起業・転職、様々なライフスタイルが認められて、人材交流が活発でみんなが潤う社会の実現に少しでも貢献したいという想いのもと、真剣に情報発信してきます。

 

このサイトは独立開業・起業する人を応援します!

 

この記事が気に入っていただけましたら以下のボタンをクリックお願いします(__)


 このエントリーをはてなブックマークに追加 


スポンサーリンク


TOP はじめに 独立・起業におすすめ厳選ツール 記事一覧